家庭で出来るリサイクルとは?生ごみを自然に返す方法

生ごみを自然に返すリサイクル方法

リユースとは

環境保護の活動や制度

日本ではどんな環境保護を取り組んでいるか。まず、自然の保護と復元について取り組んでいる事をご存じでしょうか。ビオトープという整備がされるようになったのですが、ビオトープとは生物生息空間といいます。
こちらは野生の生物が生息、また移動できる空間を保護したり、作ったりしているのだそうです。海や川、山を綺麗にしたり、森林伐採をしてしまうと生息できない野生生物を大事にしている取り組みです。
また環境先進国でも行われている環境税をご存知でしょうか。
環境税は環境保護を目的とした課金や規制がされていますが、知っている方って少ないのではないでしょうか。
環境税には、炭素税や森林税、産廃税があります。炭素税は炭素の排出量から、排出者にのみ徴取制度です。また、森林税では自然環境保護のためのせいどになります。
産廃税では、リサイクルや産業廃棄物などの処理のための制度になっています。

一人一人個人でできる環境保護活動とは

エコや環境保護のためにリサイクル活動を行っている人はどれぐらいいるのでしょうか。一人一人個人でできる環境保護の活動をご紹介します。
まずは、環境先進国でもあるスウェーデンが何十年も前から行っているのが、アイドリング禁止をされており、一分以上アイドリングした際には罰金があると言います。日本では夏にコンビニでアイドリングをしている車が多く見られますよね。
アイドリングをしない事を一人一人が心がけるだけでも排出量が変わり、環境保護に繋がります。家庭できるエコ活動では、お水の使い過ぎや、冷房や暖房の使い過ぎ、お買い物袋を使わずエコバックやカゴを使う、生ごみは堆肥にして自然栽培をするなどの活動をする事が環境保護にも繋がりますし、節約にもなるため心がけて行える事が望ましいです。


▲先頭へ戻る