家庭で出来るリサイクルとは?生ごみを自然に返す方法

生ごみを自然に返すリサイクル方法

家庭で出た生ごみのリサイクル方法とは

日本のゴミ事情

最近では家庭の中でも環境を大切にするために、エコ活動が増えていると言います。
しかし、まだまだ他の国のゴミ事情を知れば知るほど日本のゴミ事情について改善する点がいっぱいある事に気づきました。まず、世界の中でも日本の焼却炉の数が多いと言います。
それはつまり、焼却炉で燃やすゴミの量も多ければ多いほど、ダイオキシンの排出量も多い事を意味します。
ゴミを燃やす事でゴミの量を減らしているものの、燃やせば燃やすほど空気を汚してしまっている事にもなります。
リサイクルでペットボトルなどの回収を行ってはいますが、実際道端や高速道路などに捨てられている光景はよく見かけます。
また、海の浜辺でもちゃんとゴミを捨てていない人がいたり、放置されたゴミを見る事があります。そのため、日本ではまだゴミのリサイクル活動が乏しい事がわかります。

環境保護の意識差

海外ではどんなリサイクル活動を行っているのかをご紹介します。
まずは、海外の中で一番焼却炉が少ない国はスウェーデンになっています。
スウェーデンは環境先進国でも世界で一番といってもいいほど、国民が環境保護に対する意識も強く、リサイクル活動が優れています。
世界でもっとも環境保護に進んでいるとも言われているスウェーデンは、四歳から環境教育されているといいます。
それは、教育の中で自然のルールや環境に優しい事、環境に正しい事を学ぶ事ができます。
また、スウェーデンではバナナやジャガイモの皮で動くバスがあったり、学校給食は50%はオーガニックだったりと環境に優しい活動も行っています。
環境先進国では厳しい規制があったり、ゴミゼロ社会といったような活動が実践されている事から、環境保護に対する意識が高い事がわかります。


▲先頭へ戻る