家庭で出来るリサイクルとは?生ごみを自然に返す方法

生ごみを自然に返すリサイクル方法

家庭で出た生ごみのリサイクル方法とは

リデュースは、最近有料の袋やエコバックなどのリサイクル活動に入ります。 無駄な物を買ったり使わないという意味でもあるリデュースは、洗剤などを詰め替えにするなどの工夫で、無駄なゴミを出さないようにしたりしない家庭でできるリサイクル活動と言えます。

リユースとは

リユースは、壊れた不用品などを繰り返し使う活動になります。 壊れてしまうと買い替えてしまいがちですが、直して使えるうちはすぐに捨てるのではなく、繰り返し使うという活動も家庭でできるリサイクル活動になります。 また、酒ビンなどをお店に返却したり、不用品をリサイクルショップに持っていくのもリユースです。

リサイクルとは

家庭で使った牛乳パックやペットボトルなどはゴミとして捨てるのでなく、リサイクルとして再利用できます。 そのため、不要にゴミも増えることなく、環境に優しい再生紙などに利用する事ができます。 しかしそのまま使用できないため、再利用できるよう加工処理を施す必要があります。

リデュースとは

皆さんは家庭で出た生ごみの処理方法はどのようにされていますか?
大体は、生ごみを可燃ごみに出して処理されている方がほとんどではないでしょうか。日本の焼却炉数が多い事や、ダイオキシンの排出量が多い現状なのには、土地の狭い日本ならではの地形もあり、埋立地が少なく、焼却して減らしておく事で埋立ができるようになります。
しかし環境に悪い事に変わりありません。皆さんが行っている環境に優しい事や、エコ活動は何を行っていますか?
まず、生ごみの環境に優しい処理方法は、一番は自然に返す事です。
そのまま生ごみを、そこらへんに放置するわけではありません。生ごみをたい肥に変え、自然の力で健康な土づくりができます。
それを利用して健康な野菜や果物を作る事ができます。
今では様々な生ごみを処理するセットが売られたりしていますが、助成制度もあります。それは家庭用生ごみ処理機等購入費助成制度です。
家庭で生ごみを処理するために購入した、コンポストや処理容器、電気式生ごみ処理機(乾燥式など)の購入費を一部助成する制度になっています。
購入金額の二分の一という事や処理器によっても限度額がありますが、環境保護のための制度になっています。
それ以外にも、環境に優しい制度が様々あります。
ですが、環境に優しい助成や補助制度があっても、日本の市民の私たちがどれほど認識しているでしょうか?
日本国民の一人一人が環境に優しい制度を認識していれば、活動も増えてくるのではないでしょうか。

▲先頭へ戻る